« 過去の反省があって初めて未来が語られる | Main | 多数決が常に正しい方法とは言えない »

黙ってついて行った先に何が

12月31日(土)晴れ 
 議員内閣制では首相は議会を通してのみ自らの政策を国民に説明する機会はない。だがその議会が絶対多数で最後は数の力でとばかり強引な議会運営を展開。安全保障関連法案でもTPPやカジノ法、年金制度改革法案など重要な法案が悉く十分な説明もなく成立した。

|

« 過去の反省があって初めて未来が語られる | Main | 多数決が常に正しい方法とは言えない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 黙ってついて行った先に何が:

« 過去の反省があって初めて未来が語られる | Main | 多数決が常に正しい方法とは言えない »