« 化学兵器の使用は絶対に許してはならない | Main | 窮鼠が猫を噛まなければ良いのだが »

米国は再びシリアと協力してIS撲滅に立ち向かえ

4月9日(日)雨 
 米国がシリアを攻撃し英独仏がこれに賛同した。シリア政府が直接関与したか否かは定かでないが少なくともその要因を作ったのは事実。化学兵器を使えば厳しい制裁を受けることを世界に示すことが重要。大事なのはこれ以上の攻撃をしない。制裁はこれでお終い。

|

« 化学兵器の使用は絶対に許してはならない | Main | 窮鼠が猫を噛まなければ良いのだが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国は再びシリアと協力してIS撲滅に立ち向かえ:

« 化学兵器の使用は絶対に許してはならない | Main | 窮鼠が猫を噛まなければ良いのだが »