« 生活費が安くなれば皆の暮らしが楽になる | Main | 奥の奥を読み通す力が必要 »

国は放射線の安全性を国民にもっと説明すべき

4月6日(木)晴れ 
 放射線のヒト健康への影響は広島・長崎の被爆者10万人のデータから明確。健康被害は癌のみ。将来の不妊や奇形児出産はない。ただ癌発症の要因は多岐。生涯の積算被曝量が100msを超えると他の要因に比して放射線が有意になる。国はこれ以下を安全としている。

|

« 生活費が安くなれば皆の暮らしが楽になる | Main | 奥の奥を読み通す力が必要 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国は放射線の安全性を国民にもっと説明すべき:

« 生活費が安くなれば皆の暮らしが楽になる | Main | 奥の奥を読み通す力が必要 »