« 小池都知事は直接民主主義制には素人 | Main | 離婚は子が成人するまで待とう »

夢の資源だが産出にお金が掛かり過ぎる

6月27日(火)曇り 
 日本のエネルギー自給率を高める手段の一つとして注目を集め政府は商業化に向けて01年以降1154億円の予算を計上してきたメタンハイドレートだが今年5月に三重県・志摩半島沖50㌔の海上での産出試験を中断した。理由は海底のガス生産設備への大量の砂の流入。

|

« 小池都知事は直接民主主義制には素人 | Main | 離婚は子が成人するまで待とう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢の資源だが産出にお金が掛かり過ぎる:

« 小池都知事は直接民主主義制には素人 | Main | 離婚は子が成人するまで待とう »