« 高度専門職は残業手当を問題にするほど低所得でない | Main | 沈黙ほど恐ろしいものはない »

地方移住を手助けする施設にしては

9月15日(金)曇り 
 生産緑地制度の期限が切れる2022年には大量の生産緑地が解放される。政府は借り手が事業計画を作り市町村長が認めれば猶予が続くようにする関連法案を臨時国会に提出するがその他にも家庭菜園への貸し出しや農業体験実習ができる施設への転用も可能にしては。

|

« 高度専門職は残業手当を問題にするほど低所得でない | Main | 沈黙ほど恐ろしいものはない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地方移住を手助けする施設にしては:

« 高度専門職は残業手当を問題にするほど低所得でない | Main | 沈黙ほど恐ろしいものはない »