« 沈黙ほど恐ろしいものはない | Main | 悠々自適に就労しよう »

財政・金融政策と実態経済とが乖離している

9月17日(日)雨 
 社会が成熟化し人々の生活にもゆとりが。モノの所有からコトの充実へ消費動向が変わる。それでも物の生産・消費でのトリクルダウンを前提とした財政・金融政策を政府日銀は続けている。結果日銀はこれ以上の国債が買えない所まで追い詰められ財政赤字は青天井。

|

« 沈黙ほど恐ろしいものはない | Main | 悠々自適に就労しよう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 財政・金融政策と実態経済とが乖離している:

« 沈黙ほど恐ろしいものはない | Main | 悠々自適に就労しよう »