« いくら金をばらまいても効果はない | Main | 尖閣はあえて明記しない形で双方が折り合う »

寧ろ遅きに失した感

12月6日(水)晴れ 
 所有者不明の土地が全国的に大問題になっている。国交省は自治体が持つ納税者情報を使って所有者を探す新制度の法案を来年の通常国会に提出する考え。今まで不動産登記簿や住民票など公的書類を使っていたが固定資産税の納税者台帳は個人情報保護で使えない。

|

« いくら金をばらまいても効果はない | Main | 尖閣はあえて明記しない形で双方が折り合う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寧ろ遅きに失した感:

« いくら金をばらまいても効果はない | Main | 尖閣はあえて明記しない形で双方が折り合う »