« 尖閣はあえて明記しない形で双方が折り合う | Main | 出口を絞っても必ずしも中は潤わない »

専守防衛がなし崩し的に崩壊している

12月8日(金)曇り 
 防衛省は戦闘機から遠隔地の目標物を攻撃できる複数の長距離巡航ミサイルの導入に向けて来年度予算案に経費計上する。巡航ミサイルと言えば湾岸戦争の開始時に先制攻撃として艦艇から発射された映像が頭に浮かぶ。明らかに適地攻撃を意図して開発された兵器。

|

« 尖閣はあえて明記しない形で双方が折り合う | Main | 出口を絞っても必ずしも中は潤わない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 専守防衛がなし崩し的に崩壊している:

« 尖閣はあえて明記しない形で双方が折り合う | Main | 出口を絞っても必ずしも中は潤わない »