« 後ろ向きな政治に業を煮やして立ち上がる | Main | こんな言行不一致な首相も珍しい »

反対は貫くが現状黙認も一つの選択肢

9月14日(金)曇り 
 沖縄県知事選挙に辺野古移設を争点にすべきとの声は強い。だが翁長前知事の様に反対の意思を実際の行動に移すのが本当に沖縄県民のために有益なのか。確かに頑なな政府の態度は問題だが結果的に工事の完成が伸び危険な普天間基地の返還が遅れる方が問題では。

|

« 後ろ向きな政治に業を煮やして立ち上がる | Main | こんな言行不一致な首相も珍しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93998/67170104

Listed below are links to weblogs that reference 反対は貫くが現状黙認も一つの選択肢:

« 後ろ向きな政治に業を煮やして立ち上がる | Main | こんな言行不一致な首相も珍しい »