« 沖縄一辺倒の是正こそ唯一の解決策 | Main | 実現は可能だが抜本的改革にはなり得ない »

ジェネリック薬の普及を活発化

10月2日(火)晴れ 
 京大の本庶特別教授がノーベル賞。癌の免疫治療薬オブジーボの開発に道を開いた。だがオブジーボは1人年間3500万円掛かり高い価格が国の医療財政や国民皆保険制度を脅かすとの懸念が出ている。一方で製薬業界から改革が評価されなければ存続が危ういとの声。

|

« 沖縄一辺倒の是正こそ唯一の解決策 | Main | 実現は可能だが抜本的改革にはなり得ない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93998/67234692

Listed below are links to weblogs that reference ジェネリック薬の普及を活発化:

« 沖縄一辺倒の是正こそ唯一の解決策 | Main | 実現は可能だが抜本的改革にはなり得ない »