« 政府は国民の生活実態を知っているのか | Main | 固定買い取り制度での電気料金の値上がりを抑えて »

生物の改変は囲いの中で

12月2日(日)曇り 
 中国の大学副教授がHIVに感染しないように遺伝子を操作した受精卵から双子が生まれたと発表し批判が渦巻いている。遺伝子操作は農産物や養殖では行われているが自然界へ戻さないのが大原則。一度自然界に出すと操作された遺伝子が拡散し収拾がつかなくなる。

|

« 政府は国民の生活実態を知っているのか | Main | 固定買い取り制度での電気料金の値上がりを抑えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生物の改変は囲いの中で:

« 政府は国民の生活実態を知っているのか | Main | 固定買い取り制度での電気料金の値上がりを抑えて »