« 学歴社会など今の日本には存在しない | Main | 性能より値段が問題 »

党議拘束を外しさえすれば国会改革はかなり進む

1月1日(火)晴れ 
 政治は安倍一強の時代を迎え国会は完全に行政府のカーボンコピーに成り下がった。野党は議案に反対のみで審議拒否戦術に、一方与党は審議時間設定しそれを超えると強行採決。小選挙区制度が悪いとか首相の解散権の乱用が問題とか言うが全ての元凶は党議拘束。

|

« 学歴社会など今の日本には存在しない | Main | 性能より値段が問題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 党議拘束を外しさえすれば国会改革はかなり進む:

« 学歴社会など今の日本には存在しない | Main | 性能より値段が問題 »