« 減税でごまかすより増税への理解を図るべき | Main | 元の賑わいに戻るには20年掛かる »

依然として福島県民は風評被害を恐れている

2月28日(木)雨 
 福島第一原発事故の除染土のうち放射能濃度の低ものを公共工事で利用することに対して福島県民の61%が反対し賛成の27%を大きく上回った。また貯まり続ける放射性トリチウムを含む原発の冷却処理水を海に放出することに対しても反対が65%で賛成が19%だ。

|

« 減税でごまかすより増税への理解を図るべき | Main | 元の賑わいに戻るには20年掛かる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 依然として福島県民は風評被害を恐れている:

« 減税でごまかすより増税への理解を図るべき | Main | 元の賑わいに戻るには20年掛かる »