« 雇用環境は改善したが高齢者や女性の非正社員中心 | Main | バタバタと受け入れて大丈夫なの? »

治療専念から仕事との両立の時代へ

2月3日(日)晴れ 
 がんと診断される人は年間約100万人いて高齢化に伴い増加傾向。その内仕事をしながら通院する患者は約36万5千人。男性では65~69歳が年代別では最も多く女性では40代から乳がんになる人が増加。定年延長や女性の社会進出で働く世代にがんが身近な課題に。

|

« 雇用環境は改善したが高齢者や女性の非正社員中心 | Main | バタバタと受け入れて大丈夫なの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 治療専念から仕事との両立の時代へ:

« 雇用環境は改善したが高齢者や女性の非正社員中心 | Main | バタバタと受け入れて大丈夫なの? »