« 迷走を続ける日銀の金融政策 | Main | 単なる数合わせでは問題は何も解決しない »

トランプ氏と謂えども絶体に譲れない線はある

2月9日(土)雪 
 3月1日を期限とする米中通商協議で当初見込まれたトランプ米大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談が行われないようだ。支持拡大を狙って協議妥結に前のめりだったトランプ氏だが知財問題での対立は根深く安易な妥協はしないと政権として軌道修正を図る。

|

« 迷走を続ける日銀の金融政策 | Main | 単なる数合わせでは問題は何も解決しない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トランプ氏と謂えども絶体に譲れない線はある:

« 迷走を続ける日銀の金融政策 | Main | 単なる数合わせでは問題は何も解決しない »