« 扱いに差が出る場合は保険料に差をつけては | Main | 大学院卒業者の就職先が外食のウエイター »

正恩氏の世襲の正当性が危なくなってきた

2月17日(日)曇り 
 北朝鮮は故金日成国家主席と故金正日総書記の遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿の維持に困窮している。1年から1年半ごとに金主席と金総書記の遺体を防腐剤入りの液体に漬けるなどの手入れが必要で、大理石などを多用した建物の維持費も高額になるという。

|

« 扱いに差が出る場合は保険料に差をつけては | Main | 大学院卒業者の就職先が外食のウエイター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 正恩氏の世襲の正当性が危なくなってきた:

« 扱いに差が出る場合は保険料に差をつけては | Main | 大学院卒業者の就職先が外食のウエイター »