« 官製春闘に対する一般の関心は低い | Main | なぜ地上イージスの導入が必要なのか »

16歳の学校ストが世界を動かす

3月15日(金)晴れ 
 スウェーデンの1高校生が訴えた。ダボス会議などで彼らは経済的な成功を語るが彼らの成功は気候変動に対する危機的な代償を伴っている。我々は失敗を認めなければならい。まだ時間はある。最大の解決策はとても単純で温室効果ガスの排出を止めれば良いのです。

|

« 官製春闘に対する一般の関心は低い | Main | なぜ地上イージスの導入が必要なのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 16歳の学校ストが世界を動かす:

« 官製春闘に対する一般の関心は低い | Main | なぜ地上イージスの導入が必要なのか »