« 無償化より待機児童の解消が先 | Main | 見えない将来を見つめるために多様性を広げる »

汚染水は地下水に放出し自然浄化を待つ

3月19日(火)晴れ 

 福島第一原発の復興の加速という言葉と引き換えに汚染水の海洋放出の容認を迫られるのではとの地元の疑念が渦巻く。東電は自分たちだけで決められる問題ではないを繰り返す。一方国は専門家を集めた小委員会に検討を一任し結論を待つというが地元は蚊帳の外。

|

« 無償化より待機児童の解消が先 | Main | 見えない将来を見つめるために多様性を広げる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無償化より待機児童の解消が先 | Main | 見えない将来を見つめるために多様性を広げる »