« 森友問題は未だに何も解明されていない | Main | 母乳への過度な期待が見直される »

どっちに転んでも我々の生活には関係ない

3月8日(金)晴れ 
 景気動向指数の1月の基調判断について内閣府はこれまでの「足踏み」から「下方への局面変化」に引き下げた。1月末に景気の拡大が戦後最も長い6年2カ月に達した可能性が高いと宣言していたがそこまで達していなかった懸念が出てきた。中国の急激な減速が影響。

|

« 森友問題は未だに何も解明されていない | Main | 母乳への過度な期待が見直される »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どっちに転んでも我々の生活には関係ない:

« 森友問題は未だに何も解明されていない | Main | 母乳への過度な期待が見直される »