« 政府は放射線の人体への影響をもっと広報すべき | Main | 国産のコーヒーが飲める日が来る »

経費の一部を公費で賄う新たな制度を

4月17日(水)曇り 

 人口減少や節水により使用量が減る一方で水道管の老朽化に伴う更新費用が負担となり水道事業の経営悪化が深刻化し運営する自治体が危機に瀕している。追い打ちを掛けるのが経費削減のため自前で地下水を使う施設が増え水道の料金収入が大幅に落ち込む事態も。

|

« 政府は放射線の人体への影響をもっと広報すべき | Main | 国産のコーヒーが飲める日が来る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政府は放射線の人体への影響をもっと広報すべき | Main | 国産のコーヒーが飲める日が来る »