« 政府が思う方向に産業を導こうとしても失敗する | Main | いつまで続けるのか預金利息1円を »

温暖化対策に大量のエネルギーを使う

4月25日(木)曇り 

 東京大学の研究チームが水と窒素を原料にアンモニアを作り出す方法を開発した。金属のモリブデンを含む触媒と有機合成の試薬として使われるヨウ化サマリウムの溶液を用いる。だがサマリウムはレアアースで実用化には再利用が必須で大量のエネルギーが必要に。

|

« 政府が思う方向に産業を導こうとしても失敗する | Main | いつまで続けるのか預金利息1円を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政府が思う方向に産業を導こうとしても失敗する | Main | いつまで続けるのか預金利息1円を »