« 国難に瀕して国民に団結を呼び掛けるのは王の責務 | Main | 英国のEU離脱の可能性が薄れてきた »

令和はどんな日本が待っているのか

5月1日(水)曇り 

 新しい年号令和が始まる。国内総生産の2割程度を占める製造業が他国に先んじて技術革新を主導し商機を取り込めるかが浮沈のカギを握る。キャッシュレス決済が普及しコンビニは6年ほどで無人レジに。シェアリングエコノミーの市場もさらに拡大が見込まれる。

|

« 国難に瀕して国民に団結を呼び掛けるのは王の責務 | Main | 英国のEU離脱の可能性が薄れてきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 国難に瀕して国民に団結を呼び掛けるのは王の責務 | Main | 英国のEU離脱の可能性が薄れてきた »