« AIはなぜそう判断したのかが見えない | Main | 一方的な措置は相手を反対方向に追い込む »

弾道ミサイルをミサイルと言えない事情

5月8日(水)晴れ 

 北朝鮮が4日に発射した飛翔体は外形がロシア製の短距離弾道ミサイルに酷似しておりしかも発射時の白色の噴煙と強烈な光は固体燃料の特徴。だが日米韓は明言を避けている。弾道ミサイルと認めれば国連安保理の制裁対象となり北朝鮮が反発して対話が困難になる。

|

« AIはなぜそう判断したのかが見えない | Main | 一方的な措置は相手を反対方向に追い込む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« AIはなぜそう判断したのかが見えない | Main | 一方的な措置は相手を反対方向に追い込む »