« 可処分所得の1割を老後のための資産形成に | Main | 下心を持ってにじり寄ると相手は離れる »

縦割り行政の打破がどこまで出来るのか注目

6月5日(水)曇り 

 政府は農林水産物の新たな輸出拡大策として戦略を練る司令塔を農林水産省に置き海外交渉や輸出に必要な手続きの窓口も農水省に一元化する。従来農林水産物の輸出は農水省の担当だが各国の輸入規制を満たしているか否かのチェックは主に厚労省が担当していた。

|

« 可処分所得の1割を老後のための資産形成に | Main | 下心を持ってにじり寄ると相手は離れる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 可処分所得の1割を老後のための資産形成に | Main | 下心を持ってにじり寄ると相手は離れる »