« 学校の先生は忙しすぎて子どもと向き合う時間がない | Main | 折角の増税だが批判をかわすためにバラマキへ »

言語教育は多文化共生策の重要な柱

6月21日(金)晴れ 

 日本で働く外国人への日本語教育は長い間雇う企業に任されてきた。その結果作業に必要な最低限の日本語しか習得できない外国人が多かった。ドイツでは国が600回分のドイツ語コースを提供している。日本でも国の責任で外国人が無料か低額で学べる制度が必要。

|

« 学校の先生は忙しすぎて子どもと向き合う時間がない | Main | 折角の増税だが批判をかわすためにバラマキへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 学校の先生は忙しすぎて子どもと向き合う時間がない | Main | 折角の増税だが批判をかわすためにバラマキへ »