« 手詰まりになった安倍微笑み外交 | Main | 縦割り行政の打破がどこまで出来るのか注目 »

可処分所得の1割を老後のための資産形成に

6月4日(火)晴れ 

 今の60歳の4人に1人は95歳まで生きる見込みだが世帯主が85歳になった時点での枯渇世帯は2014年時点の年金給付水準でも約4割に及ぶ。給付水準が今後落ちると5割近くに。ただ3059歳に自由に使える可処分所得の1割を資産形成に充てれば約3割に減る。

|

« 手詰まりになった安倍微笑み外交 | Main | 縦割り行政の打破がどこまで出来るのか注目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 手詰まりになった安倍微笑み外交 | Main | 縦割り行政の打破がどこまで出来るのか注目 »