« 肝心な嫌なことは後に回しバラ色の政策で選挙に勝利 | Main | 国民に痛みを伴う政策にどこまで踏み込めるか »

辺野古ありきではなくグアムなど国外移設を

9月11日(水)曇り 

 沖縄県の玉城知事は来月にも訪米して米軍普天間飛行場の米グアムなどへの国外移設を働き掛けるとの意向を明らかに。米議会は米軍再編に絡む2020会計年度の国防予算の大枠を決める法案を審議中。グアム州知事も雇用や経済振興につながる基地の受け入れを歓迎。

|

« 肝心な嫌なことは後に回しバラ色の政策で選挙に勝利 | Main | 国民に痛みを伴う政策にどこまで踏み込めるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 肝心な嫌なことは後に回しバラ色の政策で選挙に勝利 | Main | 国民に痛みを伴う政策にどこまで踏み込めるか »