« 辺野古ありきではなくグアムなど国外移設を | Main | 集中からローカルに発想の転換を »

国民に痛みを伴う政策にどこまで踏み込めるか

9月12日(木)晴れ 

 新政権は団塊の世代が75歳以上になり始める22年度から社会保障費が急増すると見込み全世代型社会保障検討会議を立ち上げる。年金と介護保険は来年の通常国会に改革法案を提出し医療の改革案は来夏に纏める予定。国民の負担増や給付削減などの改革が中心に。

|

« 辺野古ありきではなくグアムなど国外移設を | Main | 集中からローカルに発想の転換を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 辺野古ありきではなくグアムなど国外移設を | Main | 集中からローカルに発想の転換を »