« 求められるのは気候危機を助長しない支援 | Main | 行政は定められた法律のもとで業務を行う機関 »

視覚障害者の移動支援ロボットの開発へ

2月20日(木)晴れ 

 視覚障害者が自由に歩けるためのAIを搭載したスーツケース型案内ロボットの開発を日本IBMなど5社が始める。スーツケースにはAIのほかセンサーやカメラや電源などを搭載し障害物を認識し触覚で伝えたり周りの状況を音声で伝えるなど目として移動を助ける。

|

« 求められるのは気候危機を助長しない支援 | Main | 行政は定められた法律のもとで業務を行う機関 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 求められるのは気候危機を助長しない支援 | Main | 行政は定められた法律のもとで業務を行う機関 »