« 視覚障害者の移動支援ロボットの開発へ | Main | 消費の手控えが日本人にも広がっている »

行政は定められた法律のもとで業務を行う機関

2月21日(金)晴れ 

 本来法の解釈を変更する場合は所管省庁が発議し国会で法改正を行うのが筋だが先月末の閣議決定で東京高検の検事長の定年を延長した際に政府は法律の解釈変更を行ったと説明。法相も法解釈の変更は所管省庁が判断し内閣法制局などに了解を得ればできると言明。

|

« 視覚障害者の移動支援ロボットの開発へ | Main | 消費の手控えが日本人にも広がっている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 視覚障害者の移動支援ロボットの開発へ | Main | 消費の手控えが日本人にも広がっている »