« February 2020 | Main | April 2020 »

感染するリスクより感染させるリスクを考えろ

3月31日(火)曇り 

 東京都の小池知事が緊急記者会見で最近は感染経路が不明な方が増えておりその中で特に夜間から早朝にかけて営業しているバーやナイトクラブ、酒場など接客を伴う飲食店で感染したと疑われる事例が多発していると述べた。感染者は都内で38人確認されている。

| | Comments (0)

8050問題が深刻化している

3月30日(月)曇り 

 無職で独身の4050代の子が高齢の親と同居し生活費を親に頼っている家庭が2013年時点で推計約57万世帯あり1995年の約3倍に。7年後の現在は事態が更に悪化している可能性が高くこれらの家庭はひきこもりや介護、貧困など課題を抱え社会から孤立し易い。

| | Comments (0)

フリーランスが悲鳴を上げている

3月29日(日)雨 

 フリーランスのカメラマンとして働く男性は電話がこわいと打ち明ける。例年なら春は遠足、卒業、入学とイベント目白押しで撮影の依頼が入る。だが今年は新型コロナウイルスの影響で一変。安倍首相の全国小中高校の一斉休校宣言以来キャンセルの電話が絶えない。

| | Comments (0)

日本の産業の基幹である鉄鋼業の不振が続く

3月28日(土)雨 

 国内鉄鋼2位のJFEが高炉の休止を含む構造改革策を発表。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄鋼の需要減は避けられずさらなる生産能力削減に追い込まれる可能性もある。最大手の日本製鉄も生産設備の大規模削減を先月発表しており日本勢の苦境が深まっている。

| | Comments (0)

景気後退はウイルス禍の前から始まっている

3月27日(金)曇り 

 政府は3月の月例経済報告で景気判断を3カ月ぶりに下げ「新型コロナウイルス感染症の影響により足下で大幅に下押しされており厳しい状況に歩く」との見方を示した。2013年7月から続けた回復との文言を6年9ケ月ぶりに削除し景気は後退局面に入った可能性。

| | Comments (0)

海外から来た感染者が国内の大流行の原因に?

3月26日(木)晴れ 

 海外在住の日本人や春休みに海外旅行へ行っていた人が感染に気付かないまま帰国しその人たちから感染が広がっていると見る。特に海外との接点が多い東京はすでに感染が蔓延していることが考えられる。入国者の健康状態を把握し他に移さない行動を要請すべき。

| | Comments (0)

雑用に追いまくられる教師に更なる重荷が

3月25日(水)晴れ 

 「知識は多いが自ら考え表現するのが苦手で学ぶ意欲を持てない」が国際調査で指摘された日本の子どもの課題。これを変えようというのが新学習指導要領の目指す学び方改革。教科書は対話など主体性を重視した活動に重点を置くが問題はそれを実施する教師の力量だ。

| | Comments (0)

景気は完全にマイナス基調。新型コロナが拍車

3月24日(火)晴れ 

 3月の景気短観の民間調査会社の予測が出揃う。新型コロナウイルスの感染拡大を受け大企業・製造業の平均はマイナス10と5四半期連続の悪化で20133月以来の低水準となる。製造業では中国での生産停止が長引き部品供給網が寸断され生産に影響が出ている。

| | Comments (0)

中国の軍事活動の活発化に呼応して南西重視に転換

3月23日(月)雨 

 沖縄の宮古島に昨年3月に普通科部隊を主軸とする陸上自衛隊宮古島駐屯地が新設され今年に入りミサイル部隊の増強を開始した。駐屯地内には2月下旬以降に搬入された海上防衛を担う地対艦ミサイルや中距離地対空ミサイルの発射機など30台以上の車両が並ぶ。

| | Comments (0)

雇い止めが頻発する危険性が高い

3月22日(日)晴れ 

 年度末の3月は派遣契約が終わる時期と重なるため普段から雇い止めが多いが今年は新型コロナがあり拍車が掛かるのではと危惧されている。非正規労働者の中でも派遣で働く人たちは雇用環境が急変すると最初に影響を受けやすく2008年の年末に派遣村ができた。

| | Comments (0)

高級食材がコロナ余波で値崩れ

3月21日(土)晴れ 

 新型コロナウイルス感染拡大で訪日外国人客の激減に日本人が外食を控える動きも加わりカニやクロマグロ、和牛などの価格が2~5割近く下落。生産者には苦境だが消費者には普段縁遠い食材を気軽に自宅で味わえるチャンス。高級食材を安売りするスーパーも出現。

| | Comments (0)

無償化対象の3~5歳児の申し込みが増えた

3月20日(金)晴れ 

 今年4月の入園に向けて認可保育施設を申し込んだが1次選考で落選した子どもが全国の主要59自治体で約6万人に上る。申込者に占める落選者の割合は27.0%と前年より悪化した自治体が約4割あった。政府は来年3月までに待機児童ゼロを公約しているが程遠い。

| | Comments (0)

都市部で始まった地価回復の流れが地方都市へ

3月19日(木)晴れ 

 国土交通省は20201月時点の公示地価を発表。全国平均の商業地は前年比3.1%と5年連続で上昇し住宅地も0.8%と3年連続で上昇した。3大都市圏や主要4市を除くその他地方圏でも住宅地、商業地、工業地などを合わせた全用途の平均が28年ぶりに上がった。

| | Comments (0)

景気回復には遅れ不景気では真っ先に抑えられる

3月18日(水)晴れ 

景気の悪化や新型コロナウイルスの影響で経済の見通しが不透明なために春闘での経営側の回答が低調。連合の集計では賃上げ率は平均で1.91%と前年の初回集計を0.25%下回り7年ぶりに2%を割り込んだ。鉄鋼など製造業を中心にベアゼロの回答も相次いでいる。

| | Comments (0)

新型コロナウイルスは主にクラスターから感染

3月17日(火)晴れ 

 新型コロナウイルスの国内の感染状況を分析している厚生労働省が感染の中心のクラスターの全国の分布を示す地図を公表。15日正午現在10都道府県で15集団に上る。最も人数が多かったのは大阪府のライブハウスを介したクラスターで感染者は50人以上だった。

| | Comments (0)

それぞれの地域にあった対応が求められる

3月15日(日)晴れ 

 突然の全国一斉休校から2週間になり多くの人が家計の悪化や雇用の不安に直面している。コロナウイルスの流行が長期化する見通しとなった今感染拡大の防止と生活・心の安定との均衡をどう図るかが課題。幾つかの地域で休校解除の動きもあり現実的な対応が必要。

| | Comments (0)

政府はあくまで検察を配下に置きたいらしい

3月14日(土)雨 

 国家公務員の定年延長にあわせ検察官の定年を63歳から65歳に段階的に引き上げる検察庁法改正案が国会に提出されたが63歳以上は高検検事長や地検検事正といった要職に就けないとしつつも政府が判断すれば特別にそのポストに留まれる規定を新たに盛り込んだ。

| | Comments (0)

トヨタではFCV車を日産12台造っているがお先真っ暗

3月13日(金)晴れ 

 豊田自動織機大府工場でFCV車の部品を作っているが全て手作業。特に燃料電池スタックは厚さ1.34㍉のセルを370枚重ね内部に水素と空気の通路を数万本つくる。加えてFCVには水素をどの様にして作るかという決定的な問題が。メタノール分解ではCO2が出る。

| | Comments (0)

加工度の高い商品の独自開発や海外の市場開拓

3月12日(木)晴れ 

 水産加工業は岩手、宮城の生業の核。近くの港に豊富に水揚げされる安価な魚を冷凍し高値になる時期に大手の流通業者や量販店に卸した。だが冷凍や切り身は加工度が低く他の地域でも代替し易い。震災後不漁と人手不足で出荷量が安定せず販路を取り戻せていない。

| | Comments (0)

新型コロナウイルスは感染を抑え込める

3月11日(水)晴れ 

 中国の習近平国家主席が新型コロナウイルスの感染源となった湖北省武市を視察しウイルス拡散の勢いは基本的に抑え込んだと表明。湖北省では11日から企業活動も本格的に再開する。3月に入り湖北省以外の新規感染者は1桁に減少し武漢でも10日は17人だった。

| | Comments (0)

嵩上げした土地に住民が戻らないのは奥尻島で経験済みの筈

3月10日(火)雨 

 東日本大震災の津波で被災した土地を嵩上げする土地区画整理事業は岩手、宮城、福島の3県で総額4600億円をかけ実施されたが造成された土地の約35%が未利用になっている。地権者の同意や嵩上げに時間が掛かりすぎ避難先などでの再建を選んだ人が相次いだため。

| | Comments (0)

復興ブームの熱が醒めると冷たい現実が

3月9日(月)曇り 

 震災後の被災地は土地造成など大規模な復興事業で沸いたが事業が一段落すると人口は減り新たな雇用も望めない状況で市町村税は頭打ち。災害公営住宅など必要な施設もあるが復興の象徴として国頼みで建てた採算のあわない施設は次世代へのツケになりかねない。

| | Comments (0)

役員候補の世代は女性が少なく管理職経験者が少ない

3月8日(日)雨 

 国内の主要100社のうち取締役・監査役に女性がゼロだった11社に聞いたところ女性社員の昇進意欲の向上をあげた企業と女性採用数の増加が各5社あったのに対し経営層の意識改革と答えた企業は2社だった。役員は適性で選ぶべきでジェンダーは指標にならない。

| | Comments (0)

農産物の輸出は高コストで目標達成が困難

3月7日(土)曇り 

 19年のコメの輸出は3.5万㌧で政府目標の10万㌧の3分の1にとどまる。中国向けは191月に再開されたが19年度の見込みは50㌧ほど。輸出が思うように伸びないのは中国でもコシヒカリなど日本米の品質をつくるレベルが上がり低コストの現地米との競合に。

| | Comments (0)

政府に強い権限を与えて大丈夫か

3月6日(金)晴れ 

 新型コロナウイルス感染症に対する特別措置法改正案を巡り政府や都道府県知事に強い権限を与える緊急事態宣言について与野党の慎重論が強まっている。外出自粛など私権を制限する内容に国民の理解が得られにくいとみるから。政府は世論を見ながら慎重に判断。

| | Comments (0)

厚生省は明かに感染者数を制御している

3月5日(木)晴れ 

 日本医師会が記者会見で医師が必要と判断しても保健所が認めなかった例が30件あったと明らかにした。その理由として重症でないが5件、濃厚接触者でないが1件、検査能力がないが1件で大半は理由不明。6日から保険適用が始まれば保険所を通さず検査できる。

| | Comments (0)

帰還困難区域で初の解除だが住民は戻れない

3月4日(水)雨 

 福島第一原発事故で唯一全町の避難が続く福島県双葉町について国は4日午前0時に帰還困難区域の一部の避難指示を解除する。14日に全線再開するJR常磐線の駅を使えるようにするためで解除されるのは双葉駅や駅前広場など。帰還困難区域では初の解除となる。

| | Comments (0)

先月公表のGDPのマイナスに続いて設備投資も

3月3日(火)晴れ 

 20191012月期の国内企業の設備投資額が1679月期以来13四半期ぶりにマイナスに転じた。全産業は前年同期より3.5%少ない116303億円で特に製造業が9.0%減と大きく減らしこれまで堅調だった非製造業も0.1%減となり13四半期ぶりのマイナス。

| | Comments (0)

政治に信頼が置けないから自らの生活まで不安に

3月2日(月)雨 

 通算在任で憲政史上最長となった安倍政権は統治の秩序をやり放題に壊した。政権中枢が法治国家では当然の手続きを無視するからその意を忖度する公務員が後始末に翻弄される。その中で発せられた全国一斉休校要請。ウイルスだけだく生活への不安が一気に広がる。

| | Comments (0)

演説もいいが詳細な具体策を

3月1日(日)晴れ 

 安倍首相は首相官邸で新型コロナウイルスの感染拡大防止のための臨時休校要請について記者会見を開いた。だがPCR検査を保険適用にすると言うが来週中に留め休職の保護者に助成金を支給すると言うが誰に対して何時からどのような方法で支給するかには触れず。

| | Comments (0)

« February 2020 | Main | April 2020 »