« 自分の身に危険が迫ると助けてくれる相手が欲しくなる | Main | コロナ禍でセーフティーネットは機能しているか »

強制的な措置と同時に積極な情報公開が鍵を握る

5月25日(月)晴れ 

 新型コロナとの闘いで成功した台湾では中国で感染発生が伝えられた初期の段階で大陸との往来を遮断しSARSの教訓から厳格な隔離や医療物資の生産を当局主義で進めた。中でも注目は積極的な情報公開で記者会見やITを駆使し政策の全体像を社会全体で共有した。

|

« 自分の身に危険が迫ると助けてくれる相手が欲しくなる | Main | コロナ禍でセーフティーネットは機能しているか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自分の身に危険が迫ると助けてくれる相手が欲しくなる | Main | コロナ禍でセーフティーネットは機能しているか »