« 東京一極集中の是正に良いチャンスが | Main | コロナ後にどのような観光の姿を目指すのか »

底打ちの時期は今年夏とみる企業が最多

6月23日(火)雨 

 全国の主要企業100社を対象の調査では今の国内景気を後退とみる企業が97社に達し企業の景況感は最悪のレベルまで沈んでいる。住友化学の岩田社長は人とモノの流れの停滞が下押しとなり日本経済は深い景気後退局面にあると指摘。特に個人消費が落ち込んだ。

|

« 東京一極集中の是正に良いチャンスが | Main | コロナ後にどのような観光の姿を目指すのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東京一極集中の是正に良いチャンスが | Main | コロナ後にどのような観光の姿を目指すのか »