« コロナ禍後は中央への集中が弱まる | Main | 6月の景況感は11年ぶりの低水準 »

失業率は年末ごろに4%程度まで上昇か

7月1日(水)曇り 

 厚生労働省が発表した5月の有効求人倍率は前月比0.12㌽低い1.20倍と1947年1月の0.20㌽減に次ぐ過去2番目の下げ幅を記録。他方総務省発表の完全失業率は2.9%で前月より0.3㌽上昇。17年5月の3.1%以来の高さに悪化。完全失業者は197万人で19万人増。

|

« コロナ禍後は中央への集中が弱まる | Main | 6月の景況感は11年ぶりの低水準 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コロナ禍後は中央への集中が弱まる | Main | 6月の景況感は11年ぶりの低水準 »