« 更にコロナ禍が百貨店を追い打ち | Main | 新規の求職者が統計を取り始めてから最大の増加 »

コロナ禍後は今の経済指標を連続しては使えない

7月31日(金)曇り 

 米商務省が発表した202046月期のGDPの速報値は年率換算で前期比32.9%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大で統計が残る1947年以降で最大の落ち込み。経済活動の再開で今後は持ち直す見込みだが足元では感染の拡大が止まらず急回復には程遠い。

|

« 更にコロナ禍が百貨店を追い打ち | Main | 新規の求職者が統計を取り始めてから最大の増加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 更にコロナ禍が百貨店を追い打ち | Main | 新規の求職者が統計を取り始めてから最大の増加 »