« 介護保険からの卒業を目的とする自立支援 | Main | 追加対策ではこれまでの支援策を延長する »

初号機の経験を受け継いだ若い世代が引っ張る

12月07日(月)晴れ 

 探査機はやぶさ2から小惑星リュウグウの砂の入ったカプセルが回収された。持ち帰った試料は国内外の研究機関に渡される。画期的な発見があっても直ちに生活を便利にしてくれはしない。だが技術革新は人類の共通財産というべき基礎研究の積み重ねで生まれる。

|

« 介護保険からの卒業を目的とする自立支援 | Main | 追加対策ではこれまでの支援策を延長する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 介護保険からの卒業を目的とする自立支援 | Main | 追加対策ではこれまでの支援策を延長する »