« 付加価値生産性を労働者の評価指標に | Main | 政府はV字回復を見通すが楽観的 »

電力を中心に国のエネルギー政策の変革を要望

12月18日(金)晴れ 

 菅首相が2050年の温室効果ガス排出実質ゼロを打ち出した。製造業の各業界は技術開発を進めるが道のりは遠い。日本の排出量の40%は自家発電も含めた電力由来でありこうした電気は製造業にも欠かせない。実質ゼロの実現には国のエネルギー政策が大きく関わる。

|

« 付加価値生産性を労働者の評価指標に | Main | 政府はV字回復を見通すが楽観的 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 付加価値生産性を労働者の評価指標に | Main | 政府はV字回復を見通すが楽観的 »