« 日本製鉄が鹿島の高炉1基を廃止へ | Main | エネルギーシステムの話しは全体の一部 »

中長期的に財政をどう立て直すのか

2月20日(土)晴れ 

 赤字国債を今後5年間発行できる特例公債法改正案が審議入りした。特例公債法案はかつては1年限りの法案だったが2012年に民主、自民、公明の3党が4年間認めることで合意。さらに16年に5年間認める法案が。与野党からは歳出拡大を求める声ばかりが目立つ。

|

« 日本製鉄が鹿島の高炉1基を廃止へ | Main | エネルギーシステムの話しは全体の一部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本製鉄が鹿島の高炉1基を廃止へ | Main | エネルギーシステムの話しは全体の一部 »