« ヒマラヤの氷河が決壊し150人行方不明 | Main | JTが来年3月末までに3000人規模の削減 »

カーボンプライシングの導入を前提に議論を急げ

2月9日(火)晴れ 

 欧州では排出削減に向けた技術革新への企業投資も進み経済成長を続けながらCO2排出量を18年に04年より約20%減らしたが日本では同じ期間の削減は9%に過ぎない。気候危機と言われるほど温暖化が進んだ今こそ脱炭素社会と経済成長を両立させる制度設計を。

|

« ヒマラヤの氷河が決壊し150人行方不明 | Main | JTが来年3月末までに3000人規模の削減 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヒマラヤの氷河が決壊し150人行方不明 | Main | JTが来年3月末までに3000人規模の削減 »