« 家庭で使うお金がコロナ禍で変化 | Main | ヒマラヤの氷河が決壊し150人行方不明 »

黄昏を迎えた一大産業はどこへ向かうのか

2月7日(日)晴れ 

東京電力福島第一原発の大事故は国内の原発産業の経営環境をも一変させた。低調な再稼働への動き、凍結が続く新増設、そして輸出に頼る活路も途絶えた。この先技術や人材が不足し廃炉作業などで安全性の確保に支障が出かねないという懸念も現実味を帯びてきた。

 

|

« 家庭で使うお金がコロナ禍で変化 | Main | ヒマラヤの氷河が決壊し150人行方不明 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家庭で使うお金がコロナ禍で変化 | Main | ヒマラヤの氷河が決壊し150人行方不明 »