« 1月の景気判断は上方修正だが足元の消費は落ち込む | Main | 被災地の再建は先ず人の集うまちを考える »

OECDがワクチンの普及で強気の成長予測

3月10日(水)晴れ 

 OECD2021年の世界の実質経済成長率を前年比5.6%増と予測。コロナワクチンの普及や各国の経済対策の進展で力強い景気回復を見込む。米国が6.5%増、ユーロ圏は3.9%増、日本は2.7%増とし、中国は7.3%増とした。今後の鍵はワクチンの普及を早めること。

|

« 1月の景気判断は上方修正だが足元の消費は落ち込む | Main | 被災地の再建は先ず人の集うまちを考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 1月の景気判断は上方修正だが足元の消費は落ち込む | Main | 被災地の再建は先ず人の集うまちを考える »