« 成長目標を6%と市場予想より慎重に | Main | 住宅復興の仕組みを見直せ »

温故知新でプラスチックごみを削減

3月7日(日)曇り 

 海外ではプラ使用量を抑えるビジネスが広がっている。石鹸や洗剤を1回分ずつ錠剤に(米国)。豆や米を自販機で量り売り(チリ)。食事の宅配で容器・食器を繰り返し使う(英国)。使い捨ての容器や包装を使わなければ材料費や輸送費も抑えられ企業にもメリットが。

|

« 成長目標を6%と市場予想より慎重に | Main | 住宅復興の仕組みを見直せ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 成長目標を6%と市場予想より慎重に | Main | 住宅復興の仕組みを見直せ »