« 国債返済期限が大幅に短期化し首が回らない懸念も | Main | 被災地で静かに進む原子力回帰 »

復興住宅での空き室は10年後は2割に

3月4日(木)曇り 

 東日本大震災の被災者向け復興住宅は42市町村に計26813戸あり現時点では6.9%にあたる1841戸が空き室と一般の公営住宅の空室率2.1%を大きく上回る。10年後の見通しを尋ねたところ空室率は17.8%に急増。高齢者が亡くなり替わりに入居する人がいない。

|

« 国債返済期限が大幅に短期化し首が回らない懸念も | Main | 被災地で静かに進む原子力回帰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 国債返済期限が大幅に短期化し首が回らない懸念も | Main | 被災地で静かに進む原子力回帰 »