« 削減の具体策を示して変革を促せ | Main | 日航に続きANAも排出量実質ゼロ »

チェルノブイリ事故は子への影響が最小限

4月26日(月)晴れ 

 19864月に起きた旧ソ連のチェルノブイリ原発事故で被曝した親から生まれた子どもの遺伝子の変異を調べたところ通常の人と変わらなかったとする分析を米国などの国際研究チームが纏めた。遺伝子に異常なく人体への影響は最小限としている。サイエンスに発表。

|

« 削減の具体策を示して変革を促せ | Main | 日航に続きANAも排出量実質ゼロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 削減の具体策を示して変革を促せ | Main | 日航に続きANAも排出量実質ゼロ »