« G20で気候変動リスクを開示する基準を議論 | Main | 重い安全対策費で消えた原発の優位性 »

G20で国際課税や最低課税率15%以上を支持

7月11日(日)曇り 

 G20財務相・中央銀行総裁会議が閉幕した。多国籍企業の課税逃れを防ぐ国際課税の新ルールについて事務レベルで大筋合意した内容の線で最終合意した。国際的な法人税の最低税率を15%以上とすることや巨大IT企業などに課すデジタル課税の新設なども決めた。

|

« G20で気候変動リスクを開示する基準を議論 | Main | 重い安全対策費で消えた原発の優位性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« G20で気候変動リスクを開示する基準を議論 | Main | 重い安全対策費で消えた原発の優位性 »