« 成長戦略は従来策が主で改革案に乏しい | Main | シーテックで電機大手が脱炭素をアピール »

巣ごもり需要の反動で白物家電は3.5%減

10月21日(木)晴れ 

 2021年度上半期の家電の国内出荷額が前年同期を下回る。前年はコロナ禍による巣ごもり需要やテレワーク、特別低額給付金などで記録的な伸びを示したが消費の一巡で反動減となった。白物家電の出荷額は過去10年の平均額を超えたものの8月は17.8%減だった。

|

« 成長戦略は従来策が主で改革案に乏しい | Main | シーテックで電機大手が脱炭素をアピール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 成長戦略は従来策が主で改革案に乏しい | Main | シーテックで電機大手が脱炭素をアピール »