« 外国人の働き手にどう頼るのか | Main | ANAが通期予想1000億円赤字で9千人削減へ »

米経済の回復ペースが鈍化している

10月29日(金)晴れ 

 米商務省が発表した202179月期のGDPは年率換算で前期比2.0%増となった。5期連続のプラス成長だが市場予想(2.7%増)を下回る。新型コロナの夏のデルタ株の感染拡大で個人消費が伸び悩んだ他物流の混乱による供給面の制約も加わり回復ペースが鈍化。

|

« 外国人の働き手にどう頼るのか | Main | ANAが通期予想1000億円赤字で9千人削減へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 外国人の働き手にどう頼るのか | Main | ANAが通期予想1000億円赤字で9千人削減へ »