« 証明確認のための負担増が問題に | Main | 円安が加速する見方。一時115円台も »

リチウムイオン電池の材料が水

11月23日(火)晴れ 

 横浜国立大学や住友電気工業などの研究チームが可燃性の有機溶媒の代わりに水を材料に使って安全性を高めた新型リチウムイオン電池の開発に成功した。電池としての性能はやや落ちるが弱点だった発火事故の心配がなく急速充電も可能。3年後の実用化を目指す。

|

« 証明確認のための負担増が問題に | Main | 円安が加速する見方。一時115円台も »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 証明確認のための負担増が問題に | Main | 円安が加速する見方。一時115円台も »